舞台は面白い

僕がいろんな芝居をしてきて

ずっと思っている事。

 

頭での記憶がなくなっても

身体が記憶し続ける。

五感が記憶し続ける。

それが舞台観劇にはある気がする。

 

逆に言うと

身体(五感)が記憶し続けるくらいの強烈なインパクトがなければ

舞台でやらなくても

映画やドラマでいい気がする。

 

舞台でやるからには

身体(五感)が記憶するくらいの強烈なインパクトを

観に来られた人に与えたい。

 

そう感じた・・・。

 

 

舞台「流れる雲よ」に携わらせて頂き

あらためて、そう感じた。

 

そんな芸術に携われる

表現者であり続けたいなぁ。

毎日、愉しもう。

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。